サピ家

サピ家
memu氏によるサピ家4姉妹

サピ家(さぴけ、sapike)は、サピオが企画したキャラクタープロジェクト、及び同プロジェクトのキャラクターによるバーチャルユニットである。

概要

2009年頃、peercastでのストリーミング配信「サピオch」にて、デスクトップ常駐型ソフト伺か(うかがか)のキャラクターデータ(ゴースト)として企画された。当初は姉妹という設定はなかったが、キャラクターが2人増えた時点で姉妹という事にされた。暫くして1人追加され、更に増えかけたが、現在は4人のままになっている。

ゴーストとしては伺かのコンセプト「デスクトップで行われる掛け合い」に乗っ取り、某パチスロメーカーの主要キャラクターとセットになっている。全てキャラクターが金髪であり、瞳の色はそれぞれのキャラクターカラーである。また、衣装は瞳と同色のエプロンドレス、ホワイトブリム、黒いリボンタイで統一されている(下半身の設定はない)。
色は光の三原色であるRGB(赤、緑、青)、色材の三原色CMY(青緑、赤紫、黄)となっている。

サピ家という呼称は、機動戦士ガンダムに登場する「ザビ家」から取られたが、似ているのは字面だけで、語感も悪い為定着していない。

ゴーストとしてのサピ家

ベー スウェアをSSPとし、配信特化ゴーストをコンセプトに開発されている。使用されているSHIORIは華和梨(かわり)。キャラクターデザインにはなんとか機が用いられた。オープンソースで、ランダムトークはリスナーが書いたものを多く採用している。内容は主に配信関係と、それぞれが得意とする分野について、日常的な些末な事等を指定した周期でトークする(バルーンから直接指示も可)。相方が相方なので、対話というよりは独り言のようなトークが多い。その他、音楽ファイルの再生(歌詞ファイルに合わせて口を動かす)、ヘッドラインセンサの取得と読み上げ、タイマー等の一般的な機能に加え、配信者向けの機能として、メッセージ付きのサーフィスを画面に表示する事もできる(離席、就寝中など)。今後は配信者に話のタネを与える「話題メーカー」、配信機材やソフトウェアの説明する「初心者データベース」の実装を予定しているが、現在開発は滞っている。

キャラクター

長女さぴこ
ビタ押しができなくて泣いた事がある
長女さぴこ
青担当、生年月日未設定
名前はpeercastのマスコットキャラクター「キャス子」から取られた。初期のバージョンでは髪型はツインドリルであったが、奇をてらいすぎている感がある、との指摘でロングヘアになり、それがキャス子やアリスとだだ被りしていた為、横髪に複数回改良が施された。スロ中毒のちゃらんぽらん設定だけ与えられている。人気が無かったが、よく描いてもらえる。
次女さぴみ
みかんの皮で遊ぶのが大好き
次女さぴみ
赤担当、生年月日未設定
名前は2009年、クリスマス前後の安価レスで決まった。初期は瞳の色だけが緑だったが、後に赤にされた(瞳=服の設定が無かった)。バカ設定がある。髪型はセミロングで毛先がギザギザになっていて、簡素な髪型の為、よく描いてもらえる。
三女さぴな
いつでも死ねる心構えがある
三女さぴな
緑担当、生年月日未設定
名 前は次女とほぼ同時期に安価で決まった。初期デザインは瞳の色が赤だった。ジト目の鬱設定。前髪と横紙の間が層化しており、アホ毛がある。更に前後合わせて4本の三つ編みを垂らすという現実離れした髪型となっているが、只の三つ編みだけで表される事が多い。それに加え圧倒的人気の無さの為か、ほとんど描いてもらえない。
四女さぴあ
見抜きは断るタイプ
四女さぴあ
紫(マゼンタ)担当、生年月日未設定
名前はRGBから半年程遅れてから安価で決まった。コミュ障ネトゲ廃人設定がある。髪型は普通のポニーテールで、初期から変更はない。やはり髪型のせいか、そこそこ描いてもらえる。サピオchで使用されている掲示板のデフォルトネームが「さぴあ」なのは当時安価で決まった為で特に意味はない。

没キャラクター

五女さぴか
黄色担当
4女から1年程遅れて生まれかけた。ショートヘア猫目でカレーが嫌いという設定だけがある。いまいちパッとしなかった為没になった。
六女
水色(シアン)担当
ツインテだった。
対応役の不明瞭さが懸念されている(リプレイナビ担当は既にいる為)。
七女
黒担当
おかっぱだった。

ストーリー

特に決まっていない。イラスト的には恐らく現代に生き、多分日本に住んでいる(本厚木くらいの中途半端な田舎)。共通している部分はpeercastのみで、なぜ外人なのか、なぜメイド服なのか、食い扶持はどうしているのか、年齢肩書き最終学歴その他一切が謎というか無いままであるが、もしかしたらサ大生なのかも知れない。


inserted by FC2 system